ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!

ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!ブリーズハワイダイビング・facebookブリーズハワイダイビング・ハワイ島コナ店Breeze Hawaii Diving English site

ハワイの生物図鑑

前の10件  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次の10件

ベニワモンヤドカリ

Halloween Hermit Crab (Unauna)

赤と白のしましまのヤドカリ。
非常に臆病なので、簡単にはみつかりません。

体が平たく、必ず写真の様に入り口が細長い貝殻に住んでいます。
赤と黄色の極端な色の為、ハローウィンのヤドカリ(Halloween Hermit Crab)という英名がついています。

詳細

ホシゴンベ

Freckled hawfish

メガネゴンベ同様に縄張り意識が強く、サンゴの上にいることが多い。頭の周りには赤い斑点が散らばっている。
胸鰭から尾びれにかけて少し黄色がかった縦縞が2本入っている。

詳細

ホシテンス

peacockrazorfish

おもにリーフ内の砂地で見られる。危険を感じた時と夜は砂地に潜る。砂地を泳いでいる時はヒラヒラしているように泳ぐ。幼魚の時は茶色の横帯があるが、成魚になるにつれよこしまは消え、ほぼ白の体色になる。

詳細

ポッターズエンジェル

赤い体に青みがかったしましまが綺麗な、ハワイ固有種です。
浅瀬でも見られますが臆病なので慎重にちかづきましょう!

詳細

マダラトビエイ

エイの仲間で、編隊を組んで中層を”飛行”しています。

ブリーズハワイのスタッフが何かを指差している場合は、その方向に目を凝らしてください。

写真の通り上から見られても下から見られても良いように「迷彩塗装の皮膚」をまとっていますが、かなり大型なので、多少離れていても、誰にでも見つけることが出来ます。

相当接近しても逃げません。近くで見つけた場合はじっくり観察してください!

詳細

マンタ

巨大ですがプランクトンしか食べないおとなしいエイです。
沖縄でも、マンタスクランブルなどと称して彼らを探しに行く専用ダイビングが行われる、人気の大物。

ハワイ島コナでは、ナイトダイビングで「マンタナイト」を連日開催。マンタがヌルリと触っていくほど貴方のそばに接近してきます!
シュノーケルで浮いているだけでもOKですので、コナにお越しの際は"絶対に"私たちに連絡してください!

ハナウマ湾でも、ごくごくごくまれに目撃されることがあります!

詳細

ミカドウミウシ(スパニッシュダンサー)

オレンジ色、赤色、白色のきれいな色の模様のウミウシ。
色、そして、その泳ぐ姿から「スペインの踊り子(スパニッシュダンサー)」と呼ばれています。

詳細

ミヤコテングハギ

orangespine unicornfish

サンゴ礁域の浅場でよく見られる。全体的な体色は黒だが、尾びれとの境目がオレンジのリボンのようになっている。背中のカーブにかけてヶオレンジ色の曲線になっている。単体でいるより大きな群れは作らないが、4,5匹で一緒に泳いでいる事が多い。主に藻を食べる。

詳細

ミレットシードバタフライフィッシュ

水中にボチャン!と飛び込んで、黄色の魚が見えたら、多分彼ら?
好奇心旺盛で人が近づいても逃げません。

ハワイ固有種なので、見つけたらカメラで写真を撮っておきましょう!

詳細

ムスメハギ

Scythe triggerfish

目の後の2本の黒い帯が特徴。単独で泳ぐ。潮通しの良いところを好む。

詳細

前の10件  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次の10件
トラックバックURL