ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!

ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!ブリーズハワイダイビング・facebookブリーズハワイダイビング・ハワイ島コナ店Breeze Hawaii Diving English site
前の10件  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  次の10件

turtle canyon(2019/5/26) 管理番号:6414

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
9:479:4710:10
エキジット時刻潜水時間
10:1700:30
透明度深度温度
↑ 0-5M
→ 0-5M
平均6.2M
最大9.4M
気温31℃
水面26.9℃
水底26.9℃

インストラクター:Aoi
タンク:アルミ・12 or 9L
コンディション:flowing

二本目はタートルキャニオンでダイビング!大きなカメたちが沢山居て楽しかったです。

Sea Tiger(2019/5/26) 管理番号:6413

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
8:218:218:8
エキジット時刻潜水時間
8:5000:26
透明度深度温度
↑ 10-15M
→ 10-15M
平均20.4M
最大29.3M
気温31℃
水面25.5℃
水底25.5℃

インストラクター:Aoi
タンク:アルミ・12 or 9L
コンディション:Good!

流れがありましたが、カメやカエルアンコウなど見れました!サメもいましたが、気づいたときは遠くに行ってしまいました…残念!

turtle canyon(2019/5/25) 管理番号:6412

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
12:4312:4313:13
エキジット時刻潜水時間
13:1500:32
透明度深度温度
↑ 5−10M
→ 5−10M
平均6.9M
最大9.5M
気温30℃
水面27.3℃
水底27.3℃

インストラクター:Aoi
タンク:アルミ・9L
コンディション:Not bad

体験の方達とタートルキャニオンで潜りました!大きいカメから、小さく可愛いらしい子ガメまで沢山居て楽しかったです!

Spitting Cave (2019/5/23) 管理番号:6411

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
12:1912:1913:13
エキジット時刻潜水時間
13:0100:42
透明度深度温度
↑ 0-5M
→ 0-5M
平均11.5M
最大18.3M
気温29℃
水面24.9℃
水底24.9℃

インストラクター:Aoi
タンク:アルミ・9L
コンディション:bad

モンクシール探しに再び同じポイントへ。
カメや魚群を何度か遭遇しました。モンクシールは水面にいたらしく、惜しくもすれ違ってしまいました。

Spitting Cave(2019/5/23) 管理番号:6410

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
10:18::
エキジット時刻潜水時間
10:5900:41
透明度深度温度
↑ 10M
→ 10M
平均11M
最大18M
気温29℃
水面25℃
水底25℃

インストラクター:Yoshiro/Aoi
タンク:アルミ・10L
コンディション:Good

ハワイカイの沖のダイビングは、二本目にスピッティング・ケーブへ行きました。洞窟には大きなホワイトチップ・シャークが眠っていました。コガネヤドカリはシャイでなかなか殻からは出てきませんでした。ウミガメは、洞窟の中に3匹ほど眠っていました。

Corsair(2019/5/23) 管理番号:6409

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
9:09::
エキジット時刻潜水時間
9:3800:29
透明度深度温度
↑ 25M
→ 25M
平均18M
最大31M
気温29℃
水面25℃
水底24℃

インストラクター:Yoshiro/Aoi
タンク:アルミ・12L
コンディション:Great!!

ハワイカイのダイビングの一本目は、戦闘機のレックの、コルセアでした。ヨスジフエダイの群れ、スリッパーロブスター、レッドリーフ・ロブスター、小さなカエルアンコウなど。ガーデンイールも沢山見られました。

LST(2019/5/22) 管理番号:6408

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
10:03::
エキジット時刻潜水時間
10:3300:30
透明度深度温度
↑ 20M
→ 20M
平均18M
最大16M
気温29℃
水面25℃
水底25℃

インストラクター:Yoshiro
タンク:アルミ・12L
コンディション:Good

ハワイカイでの二本目のダイビングは、LSTと言う、レックのポイントでした。アカヒメジの群れがとても綺麗でした。こちらには普段は居ないのですが、海ガ目が2匹も居ました。そして普段良く見かけるネムリブカは、逆にお出かけ中のようでした。レックの隙間に、タコが隠れていました。

Spitting Cave(2019/5/22) 管理番号:6407

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
8:57::
エキジット時刻潜水時間
9:3000:33
透明度深度温度
↑ 10M
→ 10M
平均11M
最大16.5M
気温29℃
水面25℃
水底25℃

インストラクター:Yoshiro
タンク:アルミ・10L
コンディション:O.K.

今日の一本目は、ハワイカイの壁沿いのドリフトダイビングで、スピッティング・ケーブへ行きました。海ガ目が沢山泳いでいました。カエルアンコウは、水底の岩にくっついて何気なく隠れていました。

YO-257(2019/5/20) 管理番号:6406

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
10:15::
エキジット時刻潜水時間
10:4500:30
透明度深度温度
↑ 30M
→ 30M
平均17M
最大27M
気温29℃
水面25℃
水底25℃

インストラクター:Yoshiro/Aoi
タンク:アルミ・12L
コンディション:Great!!

ワイキキ沖の二本目のダイビングは、沈船のYO-257でした。時間帯がちょうど良くて、潜水艦のツアーのアトランティス号が近くを航行中でした。レックには、数匹のウミガメと、ホワイトチップシャーク、隠れたカエルアンコウ、カマスの群れなどが見られました。レックの側では、合計3枚のマダラトビエイが泳いでいました。航行中のアトランティス号は、帰るころにやっと近寄れたので、カメラに収められました。今日のお客さんは新婚さんで、そんなお二人にぴったりの、とてもゴージャスなダイビングになりました。

Turtle Canyon(2019/5/20) 管理番号:6405

エントリー時刻潜降開始時刻水面到着時刻
8:55::
エキジット時刻潜水時間
9:3000:35
透明度深度温度
↑ 20M
→ 20M
平均7M
最大11M
気温29℃
水面25℃
水底25℃

インストラクター:Yoshiro/Aoi
タンク:アルミ・10L
コンディション:Great!!

ワイキキ沖のダイビングの一本目は、ウミガメのポイントの、タートル・キャニオン。文字通り沢山の亀に包まれていました。可愛いネズミフグ。ヨスジフエダイや、アカヒメジの群れ、そして大きなマダラトビエイまで見られました。