ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!

ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!ブリーズハワイダイビング・facebookブリーズハワイダイビング・ハワイ島コナ店Breeze Hawaii Diving English site

ハワイの生物図鑑

前の10件  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次の10件

ハワイアンロブスター

大型のエビ。
イセエビの親戚で、いわゆるロブスターと違って手の鋏は大きくありません。

詳細

バイパーモレイ

Viper Moray

見たからに凶暴な感じ、大きな口が少し湾曲に曲がっているのも不気味だ。大きな目が寄っている。

詳細

バンデットエンゼルフィッシュ

 オアフ島では20Mクラスの深さのミニバージ、タイヤリーフで見れる。 コナだとカイビ、ゴールデンアーチなど傾斜の浅目15Mぐらいでも見れる。 愛好家が多いため捕獲されて日本などにも輸出されていてその固体数は年々減少している稀少な魚で結構ペアで見れる。 神経質なので接近は難しいが追いかけないスピードで迫ればシャッターチャンスはある。インド洋やカリブ海で見れる。 ハワイには大型のサイズはいない。
撮影者おおせと ひでき

詳細

バードモレイ

Barred Moray

サンゴの中に隠れているのが多い、目の周りにも黒いラインがあって可愛い、白いウツボが鉄格子の中に入ってるようだ。

詳細

ヒレナガハギ

Sailfin tang

名前の通り背鰭が非常に大きいのが特徴。稚魚の時は黄色みが強いが成長とともに黄色は消え、身体は黒褐色になり白い横縞が入る。横縞の幅は褐色が白の3倍くらいの太さ。

詳細

ビッグアイ

Bigeye (aweoweo)

昼間は暗い岩の穴の中や奥に潜んでいる。ホウセキキントキとよく似ている。ハワイ固有種。真っ赤な体に大きな目も特徴のひとつ。

詳細

フエヤッコダイ

commom longnose butterflyfish

どこのサンゴ礁域でもよく見る事が出来る。長く伸びた口先が最大の特徴。体色の黄色と黒はくっきりと分かれている。

詳細

フリソデエビ(ハーレークイーンシュリンプ)

あらゆる手足と体がカラフルに彩られたエビ。

鋏脚がヒラヒラなので振袖(ふりそで)にみえます。

ハワイ産は日本近海の彼らより赤色が綺麗です!

詳細

ブラックバンドエンゼル(バンデッドエンゼル)

キンチャクダイの仲間で名前のブラックバンドやバンデッドは、要するに「海賊」の意。
黒い模様が海賊のハチマキに見えた為ということです。

でも、実は非常におとなしく、人にも慣れ易いので、名前の通りではないかも??。

詳細

ヘラヤガラ

Trumpetfish

体の1/3くらいの長さの長い口で小魚を吸い込み捕獲する。体色の変化が激しくグレーから黄色にまで変わる。

詳細

前の10件  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次の10件
トラックバックURL