ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!

ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!ブリーズハワイダイビング・facebookブリーズハワイダイビング・ハワイ島コナ店Breeze Hawaii Diving English site

ハワイの生物図鑑

前の10件  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次の10件

ディーコイ スコーピオンフィシュ

Decoy Scorpionfish

カサゴの仲間で背びれに黒い点があり、背びれが魚のように見え、魚をおびき寄せて捕獲する。Becoyの意味はこの背びれの擬態にあるようだ。

詳細

トゲダルマガレイ

Panther Flounder

砂地に擬態して隠れているのが多い。

詳細

トゲチョウチョウウオ

threadfin butterflyfish

内湾からサンゴ礁域のどこにでも普通に見られる。ペアになって泳いでいるときもある。雑食性でサンゴのポリープも食べる。

詳細

トラウツボ

トラウツボは、巣穴から顔だけを出ながら、大きな口をあけて貴方を威嚇してきます。

そのままただ眺めているだけなら、まず問題はありませんが、絶対に手を触れようとしてはいけません。

詳細

ニセフウライチョウチョウウオ

Lined butterflyfish

チョウチョウウオのなかでは一番大きな種類。まっすぐに伸びた目の黒帯も特徴のひとつ。成長とともに黒帯の幅も広くなっていく。

詳細

ネズミフグ

ハリセンボンの針が無い様な感じで6センチぐらいの大型になります。 

でも、脅かして膨らまそうとしても無駄ですよ!
普段はのんびりですが、驚いた時の逃げ足は・・・!!!
中層に群れでいたりします。 ハワイ島西の沈船マヒの上に多く”たむろ”しています。 夜は岩穴のなかでグーグー寝ています。 捕食はすばやく獲物を一飲みします。

詳細

ネズミフグ

Porcupinefish

身の危険を感じると海水を飲み、体を膨らませ、トゲを立てる。どちらかといえば夜行性。

詳細

ネムリブカ

背中のひれ先が白いのでホワイトチップシャークとも言う。 おとなしいので人間を襲うことはない。 他にいる多くのサメと違って停まったままでも呼吸できるので洞穴の底にいることも多い。 この写真はオアフ島西のマカハケーブ内にいた2匹

詳細

ハダカハオコゼ

Leaf Scorpionfish

体色の変化が激しく、白 ピンク 茶 黒などがある。表皮が剥がれ落ちる脱皮をする魚としても知られている。普段はじっとしていて潮の流れにゆらゆらとゆれる姿が葉っぱのようにも見えることから英名はリーフフィッシュという

詳細

ハナグロチョウチョウウオ

ornate butterflyfish (kikakapu)

鼻先が黒いのが特徴。オレンジの線がとても綺麗。潮通しの良いところを好む。

詳細

前の10件  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  次の10件
トラックバックURL