ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!

ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!ブリーズハワイダイビング・facebookブリーズハワイダイビング・ハワイ島コナ店Breeze Hawaii Diving English site

ハワイの生物図鑑

前の10件  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  次の10件

ウツボ属の1種2

Dwarf Moray

いつも岩の穴や小さな隙間に住む、なかなか体を表にださない、シャイな奴、鉛筆ぐらいの長さと太さ。

詳細

ウミスズメ

cowfish

前頭部に2本の角がある。体は5角形。皮膚に粘液毒がある。

詳細

オイランヤドカリ

Hopper's Hermit crab (Unauna)

ダイビング中にいくらでもいる比較的大型のヤドカリ。
赤色と白色のしましまをベースに、毛(トゲ)が生えていて、こぶし大まで大きくなります。

水中では黒い目玉が良く目立ち、岩場や海底を好みます。

シュノーケルでも時々見つけることが出来ます。

詳細

オオカイカムリ

カイメンやウミキノコ(珊瑚の一種)を背中にかついで迷彩していることがあります。
丸みをおびた体で岩や珊瑚の陰に隠れていることが多いです。 背中に柔らかいものを背負うことが多いのでスポンジクラブ(英語)とも言います。

詳細

オジサン

Multibarred goatfish

よく体色を変化させる。白っぽくなったかと思えば赤茶色っぽくなる。

詳細

オジサン

Manybar Goatfish

口の下に触角がヤギの髭のようなので、ゴート(ヤギ)の名がある、その髭で餌を探す。

詳細

オビテンスモドキ

Dragon wrasse

サンゴ礁域に住む。危険を感じたときや寝る時は砂地に潜る。幼魚の時と成魚ではかなり色、形ともに違う。メスとオスの判別が難しいが、少しだけ顔の部分の色合いが違うかと思われる。

詳細

オヤビッチャ

Pacific Sergeant

潮通しの良いサンゴ礁域でよく見られる。体に5本の区きりとした青い横縞がある。背中のほうは黄色味を帯びている。

詳細

カエルアンコウウオ

意図的に驚かさない限り、かなり近づいてもだまって「岩のふり」をしている魚です。

浜で見られることはまずありませんが、体験ダイビングの深度ではまれに見ることが出来ます。

黄色いのは幼魚。

かわいいですね!

詳細

カエルアンコウモドキ

Peticulated Frogfhish

サンゴ礁の中に隠れているのが多い、カエルウオと言うよりダンゴウオにも少し似てる、特徴としてはエスカ(頭の上にある釣竿)がない。

詳細

前の10件  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  次の10件
トラックバックURL