ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!

ハワイオアフ島・ハワイ島(ビッグアイランド)・サイパンのスキューバダイビングはブリーズハワイ!ブリーズハワイダイビング・facebookブリーズハワイダイビング・ハワイ島コナ店Breeze Hawaii Diving English site

ハワイの生物図鑑

前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次の10件

アオタテジマチョウチョウウオ

bluestripe butterflyfish (kikakapu)

ハワイでしか見られない固有種のチョウチョウウオ。黄色地の体に8本の蛍光青色のタテジマが入っているのが特徴。目の上と体の背びれ近くに黒い斑点模様がある。単独で泳ぎ、内気な魚である。

詳細

アオノメハタ

Blue-spotted grouper

サンゴ礁域の浅場でよく見られる。体色をよく変化させるのも特徴。幼魚の時には濃い紺色の体色に青い斑点のみがある。成魚になると瞳孔よりやや小さめの青い斑点があり、斑点は黒いふちどりがされている。

詳細

アオヤガラ

Cornetfish

細長いのが特徴。幼魚の時から形の変化はほぼない。成長すると150cmにもなる時もある。単体で泳いでいる事が多い。肉食性で長い口で小魚を捕食する。

詳細

アカエソ

ペアでいることがときどき。

砂地の海底で獲物を狙ってじっと動かずにとまっています。

詳細

アカヒメジ

 

サンゴ礁域の潮通りのいいところで群れを作る。日本名のアカは死んだ後、体色ががアカっぽく変色し、黄色の縦縞はなくなる事から名がついている。

詳細

アカモンガニ

岩やサンゴの隙間に隠れているのを見つけることが出来るかもしれません。
体に赤色の斑点があるカニの仲間です。セブンイレブンクラブ(英語 特にハワイで呼称)とも言います。

詳細

アキレスタング

Achilles Tang

体の後ろ(尾びれ近く)にラケットのような形をしたオレンジの斑紋が特徴。尾びれにもオレンジが入っている。

詳細

イッテンチョウチョウウオ

Teardrop butterflyfish

体型的に背中のカーブがなくほぼ垂直になっている。サンゴ礁域においてはポリープを食べる。ソフトコーラルのポリープ カイメン類の藻も食べる

詳細

イルカ

魚ではありません。哺乳類の仲間です。

好奇心旺盛。また、ボートの周囲で跳ね回ります。
水族館以外では背中に乗る事は出来ませんが、野外で出会った場合は、じっくり観察してください。

詳細

イロカエルアンコウ

Painted Frogfish

オオモンカエルアンコウより少し小さいが見分けをつけるのは難しい。違いと言えば胸鰭の指が10本、オオモンは11本。リーフや沈船などで見られる。

詳細

前の10件  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次の10件
トラックバックURL